『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2014年10月08日

皆既月食、曇っていて撮れず

 1924〜2024に皆既月食があったのは周知のことですが、当地(掛川市)では、曇っていて撮れませんでした。
 デジタル一眼レフに、テレコン付けて1500mm相当にしたレンズを装着し、ISO3200に絞り開放(約F11)に15秒に設定して、待機していたのですが。
posted by 寫眞機廢人 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年10月05日

2014年8月7日の全日本写真連盟掛川支部の例会

 8月8日(金)は部屋が取れなかったので、立秋の8月7日(木)に実施。

 気づかぬうちに、オメガ・スピードマスターが止まっていた。
 慌てて、着替えて(軽装、コルセット着用)、昼食抜きで、1326ランカスター6発車。晴れ、暑い。
 1335生涯学習センターに着。1337担い手の部屋4に着。7分の遅刻。

 10名。(加藤氏が欠席)

140807-01.jpg

140807-02.jpg

 第一席(右上)〜第五席(上段の右から5番目)、佳作(他の6枚)。
140807-03.jpg

 選外。
140807-04.jpg

 選外。
140807-05.jpg



 今月の第一席も加藤氏。今月はデジタル。

140807katoyoichi.jpg
「白鷺の舞」第一席。Copyright加藤洋一。
140807-07.jpg
 こういった鳥の姿を上から見ることは珍しいですよね、普通は下から仰ぎ見るか横から見るか。優雅に見える白鷺も、上から見ると、羽根はこんな具合になってるのかと、ちょっとこう不思議な感じがしますねえ。
 それでも、これはちょっと高い位置から連写したなかの一枚ということですが、ちゃんと連写したなかから一枚を選んで、作品になるようにきちんとトリミングしているということですね。これは左の方に鳥が飛び立ってく訳ですから対角線上に白鷺が来るようにトリミングして、そのために、対角線というのは印画紙のいちばん長い辺になる訳ですが、其処に沿ってぐうーっと斜め上に飛んでいく、そういうベクトルが働いていますよね。
 下の水田でしょうかね、この黒く落ちた水面と、バックもちょうど土手の辺りが黒く落ちて、非常に、白鷺が目立っています。ぐっと浮き上がっていますね。
 それと、言うまでもないことですが、此れ1600分の1秒という速いシャッタスピードできちっと止まっていること、それから、ピントもしっかり合っている、その辺がやっぱりこの作品の良さを更に高めていると思います。見事なカメラワークだと思います。
(関東本部 小野崎徹)
(録音テープより、私が要約)



 私は「蕎麦打ち」が佳作に入ったのみ。

140718-01.jpg
「蕎麦打ち」佳作。
140807-09.jpg
 面白いなあと思うんですけど、「蕎麦打ち」。これなんと写ってるのが藤井さんなんですね。こないだ中田さんからのメールで7月の例会は藤井さんの所で蕎麦打ちだったと。なかなか良い会だなあと思ってたんですね、羨ましいなあと思って。その一端が、この生活感あふれる藤井さんの蕎麦打ち風景なんですね。まあこの真剣な表情といい、周りの何となく雑然とした雰囲気といい、どこかこう懐かしいものがありますね。これもいつもの寫眞機廢人さんらしくない作品ですが、なかなか面白い。この悪い条件の中でもピシッと撮れてますし、真剣な表情を良く捉えてると思います。
(関東本部 小野崎徹)
(録音テープより、私が要約)

140715kurahone-hasu.jpg
「蓮」選外。
140807-11.jpg
 これもう、ちょっと遠すぎたということですねえ。ズーム一杯420mmでも此れしか写らなかったと。ということなんですが、ちょっと、無理があったんでしょうねえ。これだとやっぱり、蓮の葉っぱを写したかったのか花を写したかったのか。説明を読めば、まあ遠かったから仕方がないかというふうにもなるんですが。この写真を見ただけではちょっと分からないですよね、何が狙いだったのか。
 ですから、自分はこれで良いと思ってシャッタを切ったのか、まあ仕方がなかった・此れしかなかったということなのか、その辺がちょっと分からないんですけど、じゃあ、そんなに無理して「蓮」をシャッタ切る必要があったのかと、ちょっとそういう疑問、あるいはちょっと視点を変えてみて、花が駄目なら葉っぱがあるさと、いう何か狙いを変えてみるとか、ちょっとずつ視点を変えてみたら、また違うんじゃないでしょうか。
(関東本部 小野崎徹)
(録音テープより、私が要約)

140718komatikikyou.jpg
「小町桔梗」選外。
140807-13.jpg
 (「蓮」と違って)思いっきりアップで撮ってますねえ。それで、こちらの方も、確かに愛らしい小さな花ですが、これも、まあマクロ撮影では細かいところも面白い形で写ってるんですけど、これもこの花の何を表現したかったのか、「蓮」についても「小町桔梗」についても、花の何を写したかったかということが上手く伝わってこないなあと思うんですよねえ。
 コンパクトマクロで撮ったら被写界深度が浅すぎたと、多分、形の面白さが出なかったということなんでしょうか、で、改めて撮りましたということで、ある程度こちらの方は狙いが成程と分かりますよねえ。ちょっと花の形が、耳があるようにも見えるし顔のようにも見えるし、なんかその辺を擬人的に面白い形だなと思えるのでしたらば、其処をもっと強調する様な撮り方、あるいは周りの葉っぱがこんなに要らなかったんじゃないかとか、なんかその辺も、もう少し吟味してみると、また違った作品が出来てくるんではないかなと思います。
 まあ、寫眞機廢人さんも、とてもユニークに狙う方なので、その辺を期待してます。
(関東本部 小野崎徹)
(録音テープより、私が要約)



 1441講評終了。

 朝日新聞マリオン9月24日掲載、今回は加藤氏が第一席だが、前回も加藤氏だったので、第三席の東堂氏「幼い礼拝 =兄と弟=」を載せることに決めたという。

 文化協会展11月1〜3日。1名3枚。

 行方不明の7月の講評録音テープ、藤井氏宅にあるかもしれないという。(後日譚:なかった)

 藤井氏より、先月の藤井氏宅での例会に間に合わなかったブルーベリーを、全員に。
140807-14.jpg

 1452終了。

 10月10日と11月14日の午後の担い手の部屋4を予約。

 機材談義(主にパソコン入門)。

 1544解散。

 1550ランカスター6発車。薄曇り、暑い。

 1607〜1624丸亀製麺菊川店でかけうどんと野菜かき揚げ。やっと昼食にありつけた。

 岡本クリニック(アポ1630)と親切堂薬局カモ店に行き、1715帰宅。晴れ。
posted by 寫眞機廢人 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
新着記事
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
(04/13)喫茶店cafePITに故障μTOUGH-6020の代替にCOOLPIX S640黒が嫁入り
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(1)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by さくらのブログ