『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2013年05月29日

全日本写真連盟掛川支部の2013年度前期写真展(5月21日〜5月26日)

 5月19日にご案内した写真展が、無事、終了しました。

130522-01.jpg

設営風景(5月21日の朝)
130521-1.jpg

掛川市長松井三郎氏来訪(5月22日)
130522-02.jpg

目録(前半)
130522-03.jpg

目録(後半)
130522-04.jpg


130522-05.jpg


130522-06.jpg


130522-07.jpg


130522-08.jpg


130522-09.jpg


130522-10.jpg


130522-11.jpg


130522-12.jpg


130522-13.jpg

10
130522-14.jpg

12
130522-15.jpg

11
130522-16.jpg

13
130522-17.jpg

14
130522-18.jpg

16
130522-19.jpg

15
130522-20.jpg

17
130522-21.jpg

18
130522-22.jpg

19
130522-23.jpg

20
130522-24.jpg

21
130522-25.jpg

22
130522-26.jpg

24
130522-27.jpg

23
130522-28.jpg

25
130522-29.jpg

26
130522-30.jpg

28
130522-31.jpg

27
130522-32.jpg

29
130522-33.jpg

30
130522-34.jpg

31
130522-35.jpg

32
130522-36.jpg

33
130522-37.jpg

34
130522-38.jpg

35
130522-39.jpg

36
130522-40.jpg

37
130522-41.jpg

38
130522-42.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月21日

常時車載デジタルカメラをEOS 5D(BG-E4付き)からEOS-1D Mark2 Nに変更

 昨年の終わり近くに常時車載カメラをキヤノンEOS-3(銀塩)からキヤノンEOS 5D(デジタル)に変更した。
 しかし、EOS 5Dは、レスポンスが悪くて使いにくいため、この度、キヤノンEOS-1D Mark2 Nに、再度の変更をした。(因みに、時間的余裕がある被写体の撮影ならば、EOS 5Dで問題ない)

130521eos1dmk2n-1.jpg

130521eos1dmk2n-2.jpg

 レンズはEF35〜350mmLのママであり、ライカ判換算焦点距離が46〜455mmになってしまう(広角が弱くなる)が、我慢。
 スピードライトは550EXのママである。
posted by 寫眞機廢人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月19日

全日本写真連盟掛川支部の2013年度前期写真展(5月21日〜5月26日)の御案内

日時:5月21日(火)〜5月26日(日)
   午前9時〜午後5時
     初日は午後1時から
     最終日は午後4時まで
場所:掛川市生涯学習センター ギャラリー
代表:中田美智雄 0537-24-3385


130519写真展案内.JPG
posted by 寫眞機廢人 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2013年05月17日

ニコンのレンズフードHB-25を破損・交換

 ニコンD700に着けてるAF-S24〜120mmVRのフードHB-25を破損した。

130515hb25-1.jpg


 中古品を購入した。

130515hb25-2.jpg


 交換した。

130515hb25-3.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月16日

3万円の光学50倍ズーム・デジタルカメラ:富士フイルムFinePix SL1000

 ニコンCOOLPIX P510の記事中で、「今は50倍ズーム(ライカ判換算24〜1200mm)の所謂デジタル・ブリッジカメラが各社から発売されている」と書いたが、その一つがこれである。
 ライバルのキヤノンPowerShot SX50 HSやソニーCyberShot DSC-HX300よりも1万円以上も安いこともあり、スペック的には見劣りする。しかし勿論、「低価格」というのは素晴らしい性能の一つである。
 どこが低スペックかと言えば、例えば、富士フイルム機なのに撮像素子が6×6画素単位で不規則さの度合いをより高めた配列やハニカム配列ではなく他社並みのベイヤ配列である、AFが遅いし長焦点側ではなかなか合焦して呉れない、レスポンスが良くない、連写枚数が多くない、ズームが電動、LCDモニタがバリアングルでなくティルトのみ、等々。しかし、EVF解像度やアクセサリーシューや手ブレ補正性能や連写速度やEVF/LCD自動切り替えや近接能力や動画撮影性能等には手は抜いていない。尚、RAW撮影も可能で、SILKYPIXが同梱されている。で、肝心の画質だが、この種のカメラ(所謂デジタル・ブリッジカメラ)としては、「それなりに」写る(過度な期待をしなければ満足できよう)。トータルではコストパフォーマンスが良いカメラである。

 尚、3万円というのは、5月初頭の価格であり、現在はもっと下がっているし、今後も更に下がるであろう。
 私は行きつけのカメラのキタムラ掛川中央店で29800円で買った(誰もが同じ値段で買えることを保証するものではない)。但し、故障したデジタル一眼レフFinePix S1 Proの下取りで1000円の値引き。5年延長保証で1440円の追加。他にエツミのLCD保護フィルム720円。それから、キャンペーン中だとかで、予備電池NP-85が1個、付いて来た。

130515sl1000-1.jpg

130515sl1000-2.jpg


 試写結果を示す。(「相当」とは、ライカ判換算)

24mm相当(ワイド端)
130515sl1000-0024.jpg

約80mm相当
130515sl1000-0080.jpg

約200mm相当
130515sl1000-0200.jpg

約500mm相当
130515sl1000-0500.jpg

1200mm相当(光学ズームのテレ端)
(フレーミングが難しい)
130515sl1000-1200.jpg

超解像ズーム2400mm相当
(フレーム内に被写体を入れることが精一杯で、水平垂直も狂っている)
130515sl1000-2400.jpg
 デジタル一眼レフの2400mm相当(400mm×テレコン2倍×テレコン2倍×撮像素子サイズ換算1.5倍)と比べるとフレーミングがしづらいのは、小さくて軽いせいである。

 ところで、今夜は曇っていて、月は撮れなかった。
posted by 寫眞機廢人 at 02:12| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記

2013年05月15日

常時携帯高倍率ズームコンパクトデジタルカメラのオリンパスSZ-31MRのケースを変更

130514sz31case1.jpg

130514sz31case2.jpg


 先月に常時携帯高倍率ズームコンパクトデジタルカメラをオリンパスSZ-30MRからオリンパスSZ-31MRに変更したが、ケースは、それまでのSZ-30MR時と同じく、ハクバ写真産業のデジタルポッシュ CS Sを使っていた。
 カメラがケースから脱落する危険があること、ポケットに予備電池2個を入れているとカメラの出し入れがキチキチであること、少々カジュアルな意匠であること、が欠点であった。

130514sz31case3.jpg


 この度、京セラ・コンタックスの銀塩コンパクトカメラ(型番失念)のケースに、少々ダブダブだが納まることが分かったので、交換した。尚、常時携帯高画質デジタルカメラのソニーDSC-RX100のケースよりも、一回り、大きい。

130514sz31case4.jpg


 ケースが深いので、カメラが引っ込んでしまう。

130514sz31case5.jpg


 デジタルポッシュ CS Sと違って、予備電池を入れるポケットが無いので、ケースが深いことを利用して、ケースの底に予備電池2個を入れることにした。
 カメラが引っ込んでしまうのも、解消された。

130514sz31case6.jpg

130514sz31case7.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2013年05月14日

パナソニックがコンパクトデジタルカメラDMC-LF1を6月20日に発売

 DMC-LX7の下位機種という位置づけだが、小型で、EVFを内蔵し、ライカ判換算28〜200mmの7.1倍ズームレンズを備える。
 超解像iAズーム使用時は、14.3倍ズーム。
 撮像素子は1.7分の1型CMOS、ボディカラーは黒のみ、動画はAVCHDだけでなくMP4も可能で60iのフルHDか60pのセミHD、Wi-Fi装備。

プレスリリース
posted by 寫眞機廢人 at 20:16| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2013年05月13日

常時携帯高画質デジタルカメラのソニーDSC-RX100のケース変更

 先々月、常時携帯高画質デジタルカメラをニコンCOOLPIX P7100からソニーDSC-RX100にリプレースしたが、ケースは暫定的にエツミ「DショットM」を使っていた。

 この度、京セラ・コンタックスの銀塩コンパクトカメラ(型番失念)のケースがジャストフィットすることが分かったので、交換した。

130513rx100case1.jpg

130513rx100case2.jpg

130513rx100case3.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2013年05月04日

リコーGXR用のA16ユニット(APS-Cサイズ1620万画素、ライカ判換算24-85mm)

130504gxr_a16-1.jpg

130504gxr_a16-2.jpg

 従来の標準ズームユニットS10が、キャプリオGX200と同じ1.7分の1型1000万画素・ライカ判換算24〜72mmF2.5〜4.5・手ブレ補正付きであったのに対し、新しい標準ズームユニットA16は、APS-Cサイズ1620万画素・ライカ判換算24〜85mmF3.5〜5.5・手ブレ補正なしである。

 GXR+S10は、コンパクトデジタルカメラGX200の後継としては大きすぎたし重すぎた。

 GXR+A16は、更に大きく重いが、ターゲット・ユーザが違う。APS-Cサイズ撮像素子の搭載により、他社の「所謂ミラーレスカメラ」(レンズ交換可能ライブビューデジタルカメラ)と競合するカメラに変貌した。

 手ブレ補正が省かれたのは惜しいが、大きさの制約であろうか。


 ところで、オプションのレンズフードLH-2を付けると、普通のレンズキャップ(標準付属品)は付くが、オプションの自動開閉レンズキャップLC-3は付かなくなる。私は、A16とアクセサリー一式を買ってから気付いた。LC-3は返品の予定である。LC-3が付かないので55mm径のプロテクタ(素通しフィルタ)を付けようか迷っている(外径57.1mm以下厚さ6.6mm以下のフィルタを取り付け可能で、フィルタ取り付け時にも標準のレンズキャップを装着可能とのこと)。
130504gxr_a16-3.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 19:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月02日

ニコンF90Xsが嫁入り

 遠路はるばる広島県に嫁ぐ。結納金はない。

130501F90Xs-1.jpg

130501F90Xs-2.jpg

 マルチコントロールバックMF-26を備えたF90Xが、F90Xsである。
 同行するレンズは、AFニッコール28〜85mmF3.5〜4.5、同行するスピードライトはSB-22sである。

 本当はF3かF100が嫁ぐ予定だったが、各1台しか見付からなかったため、温存させて頂いた。
posted by 寫眞機廢人 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年05月01日

ニコンCOOLPIX P510

130430P510-1.jpg

130430P510-2.jpg

 松下電器産業DMC-FZ28を探していたら、カメラ山から出て来た。

 2012年2月に海外発表を紹介した、所謂デジタル・ブリッジカメラである。
 COOLPIX P500の36倍ズーム(ライカ判換算22.5mm〜810mm)から、他を圧倒する42倍ズーム(ライカ判換算24〜1000mm)になった・・・と言いたいところだが、2012年10月の購入時にはそうだったものの、今は50倍ズーム(ライカ判換算24〜1200mm)の所謂デジタル・ブリッジカメラが各社から発売されている。

 COOLPIX P500より広角が弱いが、COOLPIX P500を使ってみたら超広角の使用頻度は低かった。

 尚、COOLPIX P500同様、本体内充電であるが、不便なので、COOLPIX P500購入時に一緒に充電器を買った。(カメラ山から、偶然、発掘した)
130430P510-3.jpg

 因みに、COOLPIX P500と並べた写真を示したかったのだが、COOLPIX P500はカメラ山のどこかに眠っていて発見できなかった。
posted by 寫眞機廢人 at 03:19| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記
新着記事
(05/26)防水防塵耐衝撃デジタルカメラのカシオ計算機EX-G1をcafePITに贈
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(2)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2013年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Powered by さくらのブログ