『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2011年11月30日

全日本写真連盟掛川支部後期写真展のお知らせ(12月6日〜11日)

全日本写真連盟 掛川支部 2011年度 後期展
(第39回 掛川支部写真展)

12月6日(火)〜12月11日(日)

 午前9時〜午後5時
    初日は午後1時より
    最終日は午後4時まで

掛川市生涯学習センター ギャラリー

代表 納富正水
  掛川市葛ヶ丘3-2-4
  0537-27-2364

*無料、見学申し込み不要です
posted by 寫眞機廢人 at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月11日

ニコンCOOLPIX P300用の速写ケース

 中国製の社外品である。包装らしい包装もされずに届いた。
111111-51.jpg


 ニコンCOOLPIX P300である。
 ストラップ取付金具と、ささやかなグリップが、出っ張っていることに注目。
111111-52.jpg


 ケースにカメラを収容したところ。ちょっと見には、綺麗に納まっている。
111111-53.jpg


 しかし、良く見れば、前出のグリップの出っ張りに対応してケース側が凹んでなかったりするせいか、ぴったりとはフィットしていない(ストラップ取付金具に対応する穴は開いているが)。他部分も、同様。
 まぁ、大陸の製品では普通のことである。
111111-54.jpg


 カメラはこの様に納まっている。三脚用ねじで固定するタイプなので、脱落の心配はない。
111111-55.jpg


 フラップ部分は、底部分と底面のホック1個で繋がっているので、側面2箇所で繋がっている製品(例えば、キヤノンPowerShot S90用ケース)と違い、撮影時にはフルに開いてLCD視認の邪魔にならない。但し、フラップ部分の脱落紛失が心配ではある。
111111-56.jpg


 シグマDP1s用オリンパス・ペンE-P1用パナソニックDMC-LX3用とは素材や縫製の感じが違うので製造元は異なると思われるが、矢張り大陸の製品に共通の“大らかな”つくりである。
posted by 寫眞機廢人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2011年11月10日

10月13日の全日本写真連盟掛川支部の例会

 1843ランカスター6発車。
 1853生涯学習センター着。
 無糖のアイスコーヒー120円。
 1858担い手の部屋4着。


 12名。担い手の部屋5は使わず。


 N支部長よりCOOLPIX P6000他の代金。
 小野崎先生は12月6日(後期写真展初日)にいらっしゃって、一泊する由。12月6日に、小野崎先生を交えて、12月例会と夕食会を行なうとのこと。12月7日は有志で撮影会という。
 掛川市文化協会文化展(10月29日〜30日)での写真展の設営は10月28日13時より。
 全日本写真連盟静岡県写真展設営(10月17日13時より)、中田氏が参加することに。


111013-1.jpg


111013-2.jpg


 1927講評(録音テープ)開始。


第一席(右上)〜第五席(左上)、
佳作(右下〜下段の左から2番目)、
選外(左下)
111013-3.jpg


選外
111013-4.jpg


選外
111013-5.jpg


選外
111013-6.jpg


 N支部長は、今回は作品未提出。薄手のバライタ印画紙が入手困難になったからだという。




 今回の第一席は中田さん。
111013-7.jpg


111013nakatamichio.jpg
「山里の小さな祭り」第一席 Copyright2011 中田美智雄
111013-8.jpg
 中田さんは先月もモノクロだったと思いますが、今回のほうが調子が良いと思います、黒潰れがなくなりました。特に人物などの調子が良いと思います。矢張り白いハイライト部分が、やや飛び気味なんですが、ここもチョイ抑えると、もっと良くなると思いますね。
 浜松市の天竜区の山の上の本当に小さなお社ですが、そこのお祭りでしょうか
 。手前の子供がハーモニカを吹いてるようにも見えるし、つまみ食いでもしてるようにも見えるし、ちょっと不思議な雰囲気ですね。
 子供さんが居るのと居ないのとの両方を撮っていられて、後ろのほうの神社の中の後ろ姿で雰囲気が出るかなということで、こちらを選んだということで、私はこのアングルだったら子供が居て良かったと思います。ただ、この写真として何をテーマとして何を主にしたかったのか、子供が主役なのか、それとも子供は祭りの中の点景だったのか、その辺がはっきりしないなという感じもします。子供の扱い方ですが、この子供さんはカメラに物怖じすることもなく此処に居るので、中田さんとしては、もう一歩近寄って行ったらどうかという気はしました。例えば、ピントは後ろのお社に合わせたままで、子供はピントはボケるかもしれませんがもうちょっとアップにしても良かったんじゃないか、そして、少し階段を上がったほうが、このお社の中の人物、後姿が僅かに三人写ってますが、此処はもうちょっと人物がはっきり写ったほうが良いという感じがしました。でも全体の雰囲気としては、良く本当にタイトル通りの山里の小さな祭りという雰囲気は良く伝わってきます。
 モノクロにしたのも、雰囲気が良かったと思います。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)




 私は「アンポンタン」が佳作に入ったのみ。


110907anpontan.jpg
「アンポンタン」佳作
111015-1.jpg
 この蓮の実をアンポンタンって言うんですね、私は知りませんでした。
 蓮の花の写真がイマイチだったのでこっちに切り替えた、こういう切り替えの発想は大事ですね。もう蓮の花を撮りに行ってダメだから帰ろう、じゃなくて、じゃあ代わりに何が撮れるか、あるものの中で面白いところを狙おう、そういう発想は常に持たなきゃいけません。
 じゃぁどう撮ろうかというところになると、これがまた難しいですよね。そのときの光線の具合がどうか、もう蓮の花、だいたい朝早く撮りに行かないと、光が真上から当たる頃になると、花の勢いもなくなってくるし、葉も反射が強くて難しくなってきますね。これもちょっとそんな感じがしないでもないですが、穴の中にひとつひとつ実が入ってるんですけど、それがピョコッピョコッと見えてるところが何か面白いですね。もうちょっとアップでも良かったと思うし、もう一歩近付いてもう少し上から覗ければ、もっとこの黒い実が目立って良かったのかなと思います。
 後ろの枯れた葉に光が当たって、手前のメインの被写体と同系色なので、バックの処理が難しかったかなという感じですね。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)
【8月15日に撮った蓮の花がどれもイマイチだったので9月7日にアンポンタンを撮りに行った。超望遠で撮っており、アングルを変えるのは困難だし、これ以上にアップには出来なかった。】


110912FX01IR-1.jpg
「自宅」選外
111015-2.jpg
 コンパクトデジタルカメラには色々面白い仕掛けが付いてますが、これは赤外線遮断フィルタを取り外し赤外線透過フィルタを入れた、要するに赤外効果を付けた訳ですよね。ですから、色が不思議ですね、緑色のものがみな白く写っていますね。赤外線を反射しているものが白っぽく写って、ちょっと不思議な雰囲気になりました。
 ご自宅の庭で撮られた作品は今までも拝見していますが、ありきたりの風景がちょっと不思議な風景になりました。たまにこんな遊びも良いですね。昔モノクロフィルムの頃に、新緑のときとかに、新緑の輝きを出すのに、赤外フィルムと赤外フィルタを良く使いました。ちょっと懐かしい感じがします。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)
【カメラに元々備わってる機能を使ったのではなく、内部をハードウェア的に改造した赤外撮影専用カメラである】


110912moon2.jpg
「中秋の名月」選外
111015-3.jpg
 屋根の上で頑張って望遠で撮りました、ちょっと手ブレしたかなという感じですね。けっこう月は速いんですよね、シャッタスピードも速くないといけません。満月のときなど、月が明るいときは、ISO400だと、露出オーバになっちゃうんですよね。ですから、この場合も、マイナス2EVの露出補正を掛けてますが、むしろシャッタスピードを速くすべきではなかったんでしょうか。そのほうが、長いレンズでしっかり撮るには良かったと思います。
 満月のときは影の部分が出にくいんですよね。今回は中秋の名月と満月は一致してないんですけど、ほぼ満月に近い状態ですから、かなり明るかったと思われますが、もうちょっとメリハリのある雰囲気になれば良かったなと思います。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)
【プログラムAEとはいえ、絞り解放(合成F11)で、500分の1秒で切っている。シグマ初の手ブレ補正付きレンズを使用しており、現在のレンズほどには補正は効かないものの、ライカ判換算1280mmでは、手ブレはしてない自信がある。ピントが甘かったのだと思う。尚、マイナス2EVでここまで暗くなったのは意外だった。】




 2041講評終了。


 N支部長、失礼ながら平均測光と多分割測光の区別が付いていらっしゃらず、中央部重点測光を使っていて、構図が少しずれると露出が大きく変わるのでAEロックを使いたいがニコンD700は操作性が悪いと、解説しておられた。
 説明しても理解して頂けないので、後日に資料をお見せするつもりである。


 12月8日の両部屋をキャンセル、1月12日の両部屋を予約。


 2112終了。


 2030ランカスター6発車。
 2138帰宅。
 県写真展設営に中田氏が行くことを県本部に電子メール。
 第二席の講評の録音をデジタル化して、YA氏に電子メール。(第一席の講評は、私がテープ起こしして、全日本写真連盟静岡県本部に電子メールする)
posted by 寫眞機廢人 at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月07日

富士フイルムの防水耐衝撃デジタルカメラFinePix XP30

 これまで、防水耐衝撃デジタルカメラは、コニカのDIGITAL現場監督DG-1(4年前)とパナソニックのDMC-FT2オリンパスのμTOUGH-6020μTOUGH-8010カシオ計算機のEXILIM G EX-G1を取り上げた。
 今回は富士フイルムである。


111107XP30-1.jpg
111107XP30-2.jpg


 DG-1は時代的に無理はないが、EX-G1と並んで、手ブレ補正を搭載してないのが、他社製品に見劣りする。


 耐衝撃性能は1.5メートル落下、耐水性能は水深5メートルで120分、耐寒性脳はマイナス10℃と、水没可能時間が長めの他は、他社と横並びの感がある。
 GPS測位機能を搭載しているが、この種のデジタルカメラでは最近の流行りとなりつつある。


 開閉式レンズバリアはなく、保護ガラスを備える。
 ズームレバーが、何故か爪先で操作するようになっていて、操作しづらい。他の操作系は、一般的なものである。
 但し、動作が少し遅い(レスポンスが悪い)。


 尚、このジャンルには、最近ソニーやキヤノンが参入し、ごく最近リコーやニコンも参入しているが、手許にない。
 新規参入が相次いで揃えるのが難しくなった。
 だから、老舗のペンタックスにも手を出しかねている。
posted by 寫眞機廢人 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年11月05日

あのVIVIPRIがプリント半額セール中

 インターネットで注文するオンライン写真プリントの中では高画質(だが高価)で知られるVIVIPRIが、11月17日午前10時まで、プリント半額セールを行なっている。
http://www.vivipri.co.jp/general/print_index.html
 例えば、KG判が7.5円、2L判が17.5円、A4判が97.5円、ワイド四つ切が170円。
 早速、A4判を6枚ほど注文した。近日中にワイド四つ切を何枚(何十枚?)か注文の予定。
posted by 寫眞機廢人 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
新着記事
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
(04/13)喫茶店cafePITに故障μTOUGH-6020の代替にCOOLPIX S640黒が嫁入り
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(1)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2011年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Powered by さくらのブログ