『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2011年06月15日

常時携帯高倍率ズームコンパクトカメラ、COOLPIX S9100とDSC-HX9Vを破って、SZ-30MRに決定

 3機種のスペックは、5月7日の記事を参照。


左から、SZ-30MR、DSC-HX9V、COOLPIX S9100
110615hizooms.jpg


ニコンCOOLPIX S9100
110615s9100-a.jpg


110615s9100-b.jpg


ソニーDSC-HX9V(黒はレア)
110615hx9v-a.jpg


110615hx9v-b.jpg


オリンパスSZ-30MR
110615sz30-a.jpg


110615sz30-b.jpg


試写


COOLPIX S9100
110615s9100-1.jpg


110615s9100-2.jpg


110615s9100-3.jpg


110615s9100-4.jpg


DSC-HX9V
110615hx9v-1.jpg


110615hx9v-2.jpg


110615hx9v-3.jpg


110615hx9v-4.jpg


SZ-30MR
110615sz30-1.jpg


110615sz30-2.jpg


110615sz30-3.jpg


110615sz30-4.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 23:15| Comment(4) | TrackBack(5) | 日記

2011年06月14日

アマゾン日本でAdobe製品の特売

 6月15日〜6月17日の72時間、詳細不明。
 現在でもLightroom3は29625円と他より安いが、幾らになるのかしら。
 アカデミック版は勿論、乗り換え優待版も買えない私は、格安だったら買いたいところdらる。
posted by 寫眞機廢人 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月13日

防水デジタルカメラμTOUGH-8010

110613tough8010-1.jpg
110613tough8010-2.jpg


 μTOUGH-6020の上位機種であり、防水性能と耐衝撃性能に優れている(パナソニックDMC-FT2と肩を並べる)。
 最近Tough TG-810が出たので旧型となってしまった。


 特徴はμTOUGH-6020(写真右)と酷似しているので、説明は省略する。
110613tough8010-3.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 02:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2011年06月12日

ユーエヌのオリンパスXZ-1用の自動開閉レンズキャップ

110612-8.jpg


 XZ-1用にゼロから起こしたものではなく、市販品(多分リコー製)に手作業でタップを切るなどの加工を施したものの由。
 手作業だからだそうが、納期は長い。私の場合、5月24日に注文して、今日6月12日に届いた。


 価格は、大量生産品でないからだろう、高い。
 5800円+送料(代金引き換え手数料を含む)800円=6600円である。


 カメラ店では扱っておらず、ユーエヌの関連会社であるアフリカから通販で買うしかない。代金支払い方法は、代金引き換えのみ。長納期は覚悟する必要がある。
 但し、まだXZ-1を持っていないのであれば、オリンパス直販で、このレンズキャップが付いたXZ-1を買うこともできる。


 簡易包装である。
110612-1.jpg


110612-2.jpg


110612-3.jpg


 同梱の説明書。
110612-4.jpg


 左が本品、右が標準のレンズキャップ(カブセ式)。
110612-5.jpg


 標準のレンズキャップを付けた状態。
110612-6.jpg


 本品を付けた状態(閉)。
110612-7.jpg


 本品を付けた状態(開)。
110612-8.jpg


 分厚くなり、此れまでの腰ポーチ(ハクバ写真産業のピクスギア リボルタ カメラポーチS)に入らなくなってしまった。
 新たなポーチを探さねば。


 私の個体は、発条の1つが弱いらしく、自動で閉まり切らないことがある。
110612-9.jpg




6月13日に追記:


 アフリカに問い合わせたところ、閉まりが悪いのは、レンズキャップを取り付けリングに固定するイモネジの締めすぎの由。
 イモネジを緩めたら、解消された。イモネジの脱落が不安ではあるが。
posted by 寫眞機廢人 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月11日

古い写真機で写した写真展と古い写真機展

110611-1.jpg
 5月28日の記事に書いた磐田市立図書館での「古い写真機で写した写真展と古い写真機展」に、去年と同様に、行って来た。明日が最終日。


110611-2.jpg


110611-6.jpg


 自由に触って良い、廉価なセミクラシックカメラ
110611-3.jpg


 ミノックス判から120判までのフィルム・フォーマット
110611-4.jpg


 大石カメラ店が出張して「写真機よろず相談所」を開いていた。


110611-7.jpg


110611-5.jpg


 大石カメラ店で買ったイコンタ35が正常に写ったことを報告。25分の1秒は、私が感じた通り、遅い方に狂っている様だが、シャッタ分解清掃調整の費用を掛ける必要も価値もないだろうとのこと。
 ライカCLの動いたり動かなかったりする露出計、2万円以下で治る可能性が大とのこと。
posted by 寫眞機廢人 at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月08日

ソニーのディクテーター(口述録音機)/トランスクライバー(再生書き取り機)BI-85T

110608-1.jpg
http://www.sony.jp/radio/products/BI-85T/


 全日本写真連盟掛川支部の例会の記録では、コンパクトカセットテープに録音された講評を「テープ起こし」している(第一の目的は全日本写真連盟静岡県本部への送付、序でに本ブログにも掲載)が、最近導入した新兵器が、首記の「テープ起こし用テープレコーダ」であり、作業効率が大きく向上した。
 1講評に2〜3時間を要していたのが1〜2時間で済むようになった感触であるし、何よりも、作業中の煩わしさが大幅に軽減したので気持ちが非常に軽くなった。
 決して廉価とは言えぬ道具だが、投資に見合った効果はある。コンパクトカセットテープから電子録音に移行するまでは、強力な兵器として活躍して呉れるだろう。


110608-2.jpg
 基本はペダル操作である。
 ペダルの右を踏んでる間は再生、ペダルの左を踏んでる間は巻き戻し、ペダルの上を踏んでる間は早送りである。
 先ず、スタート/ストップでなく、踏んでいる間だけテープが走行するというのが良い。
 そして、ペダルの右を離すと、テープが一定時間巻き戻されて止まる(この時間は0〜5秒の間で任意に設定出来る)。オートバックスペースと称する。聞き逃したときに一旦ペダルを離してから踏み直せば済むし、聞き取りにくい部分を何回も聞き直すのも簡単だし、次のセンテンスを書き取る前に手動で少し巻き戻す手間もない。これは素晴らしい。


 リニア・テープ・カウンタが付いてないのが惜しい。


 他の細かいことは、ソニーのWebサイトを参照されたい。


 尚、私の私物である。
posted by 寫眞機廢人 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記

2011年06月07日

5月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会

<自分の作品の講評がまだ>


 1837生涯学習センター着。
 担い手の部屋4だけでなく、担い手の部屋5も開けて、2部屋を繋いだ。結果的に12名のみで、担い手の部屋5は使わなかった。


 テープレコーダを新しいのに換えた。コンパクトカセットテープからCD-RにダビングできるTEAC(TASCAM)CC-222導入に伴って空きとなった、新品同様のステレオである。(左が旧、右が新)
110513taperec.jpg
 此れまでは電池だったが、今回から商用交流100V。電源コードが短かったので、次回から、延長コードを持ってこよう。


 1901例会開始。


 昨年度の後期写真展の出品料2500円を支払い。


第一席(右上)〜第五席(左上)、佳作(下段)
110512-3.jpg


選外(写真を撮り損ない)
110512miss.jpg


選外
110512-4.jpg


選外
110512-6.jpg




 第一席は加藤さん。
110512-2.jpg


110512katoyoichiM.jpg
『桜トンネル』加藤洋一 Copyright2011加藤洋一
110512-1.jpg
 有名な場所だそうですね、此処は。
 自動車を撮影し終わったところにサイドカーが来て、慌ててシャッタを切ったということですが、その割にはしっかりと撮れてますね。オートバイの位置も良いし、カメラもきっちり構えていてブレもボケもなくピントもしっかりしてます。メモに左の侵入禁止標識や駐車車両を切りたかったが出来なかったとありますが、標識や中央分離帯が桜の並木の保護のために道が二又に分かれていることを示していて、桜の花を引き立てているのではないでしょうか。上の方の桜のボリュームもたっぷりあり、良いカメラアングルと思います。
 自動車でなくサイドカーというのが良いですね。サイドカー自体も珍しいですが、此処を通りかかったのをきちんと取れたのは良い腕前で、素晴らしい作品になったと思います。
(Copyright2011小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)




 今回もまた、私は佳作にも入らなかった。スランプ。


110410XZ1-4.jpg
『出猩々紅葉』選外
110512-5.jpg
**** 講評未掲載 ****


110416XZ1.jpg
『桜と天守閣』選外
110512-7.jpg
**** 講評未掲載 ****


110413TZ10.jpg
『膝が重い』選外
110512-8.jpg
**** 講評未掲載 ****




 前期写真展、1名3枚まで、タイトルと撮影場所と展示順序を5月25日までにYA氏に伝える。


 昨年度の会計報告。


 2115終了。


* 7月11日に第一席以外の記述を追加
posted by 寫眞機廢人 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月01日

磐田の「大石カメラ店」再び、イコンタ35

 今日、掛川市横須賀に出向く用事があったので、序でに5月27日(金)に閉まっていた大石カメラ店を再訪してみた。
 掛川市役所大須賀支所から11km(20分)であった。因みに、大石カメラ店から自宅までは、33km(1時間6分)であった。


 さて、今日は開いていた。
 先週金曜日は臨時で閉めており、普段は19時ごろまで営業している由。
110601ooishicamera.jpg


 イコンタ35(委託品)を買い求めた。実は、イコンタに35mmフィルムを使うものがあることを、初めて知った。距離計も露出計もないカメラだが、ライカ判の蛇腹カメラが欲しいと思っていたところだったし、何よりもお値ごろ(コンテッサなどと比較して)だったからである。
110601ikonta35-1.jpg
110601ikonta35-2.jpg
110601ikonta35-3.jpg


110601ikonta35-4.jpg


110601ikonta35-5.jpg
 レンズは、Novar-Anastigmatの45mmF3.5(3枚玉)で、前玉回転繰り出しと、ちょっとスペックが低い(Xenarの45mmF2.8やOpton Tesserの45mmF2.8を装備した個体もあるらしい)。尚、無限遠にしなくても蓋は閉められる。
 ボディレリーズではないし、セルフコッキングでもないが、巻き上げないとシャッタが切れないようになっており、二重露光の心配はない(粗忽者の私には重要なことである)。シャッタは、シンクロ接点とセルフタイマを備えたプロントで最高200分の1秒と、少々寂しいが、故障はしてない様である(プロンターSやシンクロコンパーを装着した個体もあるらしい)。
 巻き上げノブは底面だが、構えたときに左手側なので、慣れるまでは戸惑う。
 フィルムカウンタは、順算式、当然ながら自動復帰はしない。
 今回の個体には速写ケースは付属していなかった。


 レンズ固定装着の発条式写真機であるから、携帯性に優れる(革新的なレンズ構成のオリンパスXAが出現するまでは)。40mmF2を付けたライカCLと比べてみると良く分かる。
110601ikonta35-6.jpg


 露出計完動のオリンパスワイドEも安くするからと勧められたが、オリンパスACE Eもあるし、何より手持ち現金が足りなかった(クレジットカードは使えないお店)。




6月11日に追記:イコンタ35の試し撮り


 コマ間に若干のバラツキはあるが、ちゃんと写っていた。


 屋外で50分の1秒〜200分の1秒で撮ったものは、ネガの濃度も揃っていたので、シャッタ速度はちゃんと出ているか、ずれてるにしても同方向に同量だけずれていると考えられる。
 屋内で25分の1秒で撮ったコマは、手ブレが酷い。シャッタ速度が遅い方にずれてるのではないかと思い、6月11日に古い写真機で写した写真展と古い写真機展の写真機よろず相談所で大石カメラ店に診て貰ったところ、15分の1秒ぐらいの感じだという(大石カメラ店はシャッタ・テスタ等は持ち込んでいなかった)。
 屋外でも25分の1秒で撮って置けば良かった。


6月3日 50分の1秒 F11 北池公園
110603ikonta35.jpg


6月7日 50分の1秒 F11 いつもの場所(定点)
110607ikonta35.jpg


6月8日 25分の1秒 F3.5 カメラのキタムラ掛川中央店
110608ikonta35.jpg


全て、スぺリアビーナス800
posted by 寫眞機廢人 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
新着記事
(05/26)防水防塵耐衝撃デジタルカメラのカシオ計算機EX-G1をcafePITに贈
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(2)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
Powered by さくらのブログ