『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2011年05月31日

全日本写真連盟掛川支部の写真展(5月31日〜6月5日)

110531-03.jpg


110531-02.jpg


 今日(5月31日の火曜日)から、全日本写真連盟掛川支部の2011年前期写真展が始まった。
 6月5日の日曜日まで。
 9時〜17時(初日は13時から、最終日は16時まで)。
 会場は掛川市生涯学習センターのギャラリー。


準備(設営)が終わったところ
110531-01.jpg


目録
110531-04.jpg
110531-05.jpg


作品


2,1
110531-06.jpg


4,3
110531-07.jpg


6,5
110531-08.jpg


8,7
110531-09.jpg


10,9
110531-10.jpg


12,11
110531-11.jpg


14,13
110531-12.jpg


16,15
110531-13.jpg


18,17
110531-14.jpg


20,19
110531-15.jpg


22,21
110531-16.jpg


24
110531-17.jpg


23
110531-18.jpg


26,25
110531-19.jpg


28,27
110531-20.jpg


30,29
110531-21.jpg


31,32
110531-22.jpg


33,34
110531-23.jpg


35,36
110531-24.jpg


37
110531-25.jpg


38,39
110531-26.jpg


40,41
110531-27.jpg


43,42
110531-28.jpg


45,44
110531-29.jpg


観賞風景


110531-30.jpg




 6月3日の静岡新聞(取材に来たのは5月31日)
110603-1.jpg
posted by 寫眞機廢人 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月30日

300円のデジタルカメラ

 結論を先に言って置く。まだ正常に動作させられずにいる。時間には限りがあるので、見限るかもしれない。


110523FineShot5.jpg
110523FineShot6.jpg


 異常に大きくもない。
110523FineShot7.jpg


110523FineShot1.jpg
110523FineShot2.jpg


 外箱の記載のクローズアップであるが、Micro SD使用可能というのも、メモリーは内蔵しておりませんというのも、嘘である。中身と外箱が違う可能性が大。
110523FineShot3.jpg


 中身は、電池が無い以外は、立派に揃っている(取説とソフトウェア入りCD-ROMとUSBコードとストラップが付属)。
110523FineShot4.jpg


 パソコン(Windows XP SP3)にドライバをインストールしたが、認識されない(「不明なデバイス」となる)。
 ドライバをアンインストールし、取説記載のドライバで認識されないときの手順に従って画像処理ユーティリティー・ソフトウェアをインストールしたが、矢張り認識されず、「不明なデバイス」。(以上、5月23日の作業)
 Webカメラとして使ってみようかとも思っていので、残念。
posted by 寫眞機廢人 at 06:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

6月3日〜12日「古い写真機で写した写真展と古い写真機展」、磐田の太陽堂カメラ店と大石カメラ店

 何日か前に、「古い写真機で写した写真展と古い写真機展」の案内が来た。
110527-4.jpg


 それで、5月27日の午後、「太陽堂カメラ店」という店名の記憶を頼りに、磐田に行ってみた。


 太陽堂カメラ店は、住宅街の中にある小さな写真店だった。
110527-1.jpg
 最早、銀塩カメラの品揃えはごく少なかった。
 往時は磐田コンタックスクラブの事務局だったという。
 で、「大石カメラ店」という店名を思い出させて呉れた。


 カーナビゲーションシステムで「オオイシカメラ」と表示された店に行ったところ、「カメラのオオイシ」であった。
110527-2.jpg
 古いカメラを扱っているのは従兄弟の店だという。


 大石カメラ店に着いたのは18時を回ったところで、閉まっていた。閉店時刻を過ぎてしまったのか、金曜日が休みなのか、表示はなかった。
110527-3.jpg


 走行距離64km。
 梅雨入り当日だったが、往路は持ったものの、復路は降られた。
posted by 寫眞機廢人 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記

2011年05月12日

4月7日の全日本写真連盟掛川支部の例会

 1840ランカスター6発車。
 1840生涯学習センター着。
 1853担い手の部屋4(生活文化の部屋)着。


 12名だったので、担い手の部屋5(青年・女性の部屋)は使わぬことにした。
 実際には、1902に更に2名が来たので、少々手狭だった。


 前期支部会費4200円を支払い。(本部会費は銀行引き落とし)


 1910例会開始。
110407-01.jpg


110407-02.jpg


 第一席(右上)〜第五席(左上)、佳作(下段5枚)
110407-03.jpg


選外
110407-04.jpg


選外
110407-05.jpg


支部長作品
110407-06.jpg


今月の第一席は石川さん
110407-07.jpg


110407ishikawakatuo.jpg
『金魚』第一席 Copyright石川勝男
110407-08.jpg
 これは中国で撮られた作品ですね。
 一寸面白いですね。水面に人影があり、その影の部分に金魚が泳いでいます。見せ方としては、「上下を逆様にしてみました」というコメントが付いていますね。ですから、金魚の頭が下向きになってたりするんですが、これはこれで面白い効果を出していると思います。
 これは金魚の養殖場なんでしょうね。金魚と言っても、鯉のようにでっかいですね。これが群れていました。
 で、空を反射してる明るい部分は当然写らず、この人影の部分に入った金魚がはっきり写っていて、とても怪しい雰囲気ですよね。それと、枯れた水草が丁度人の頭の辺りに面白い模様を描いています。
 全体としてもう、ふにゃふにゃして直線部分の無い、何か抽象絵画を見てるような雰囲気ですね。一見モノクロのように見える中に、金魚の赤い色が刺激的で、官能的な感じがしますね。不思議な効果で、これは上下を逆様にした効果もありますね。撮ったままの向きでも、写り込みだとは分かるんですが、人の像が足を下にしてる方がより迫ってくる感じがあり、影が生きて来て、写り込みでなく人がゆらゆら立っている様にも見えてますね。
 非常に着眼点が良いし、狙いもはっきりし、プリントも良い出来と思います。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)


以下は、朝日新聞に掲載された講評。(4月23日の静岡県版に、第一席は写真と講評が、第五席までは名前が掲載された)
110407-09.jpg




 今回は私は締め切りごろに多忙で提出を諦めていたのだが、3月28日の夕方に拙速に3枚を撮り、3月25日の締め切りを大幅に過ぎた3月29日朝にレターパック500で講評の先生に直送した。
 講評の録音の途中に届いたそうで、間一髪であった。
 拙速に撮っただけあって、佳作にも入らなかったが。


110328-4.jpg
『しだれ桜と天守閣2』選外
110407-10.jpg
 と、此処まで吹き込んだところで追加作品が届きました。賞の対象にはしませんが、先ず1点、講評します。
 掛川城公園で撮った写真が3点で、「しだれ桜と天守閣2」を1枚として選びました。
 先ず、この門越しにしだれ桜と天守閣を覗いた構図、なかなか良いですね。特に、夕方の斜め左から射している柔らかい光です。
 しだれ桜にもう少し光が当たってるともっと良いのですけど(一寸太陽が低くなって一番大きなしだれ桜には一部しか光が当たってないですけど)、その代わり門の方にはたっぷり射し込んでますね。この門の色合いもなかなか良いですね。日が傾いて暮れなずんでいくお城の公園、なかなか情緒がありますね。
 じゃあこれで完璧かというと、余分なものを入れすぎたんじゃないでしょうか。正面の案内板とか、向こう側の立て札とかですね、「二の丸」とかの文字が見えてますが、此れは無い方が良いんじゃないかと思います。勿論、手前の門をしっかり入れて四角い額縁の様な効果を出すために、敢えて上下左右を入れて四角く覗いた感じにしてますよね。これを、下から見取り図辺りまで切ってしまう、当然、門の下のところも切れてしまうんですが、それで、なりゆきで、左も切ってしまうようにして、桜越しに天守閣を見上げる、勿論、門の右と上は入れる、そんなふうに思い切ってカットしてしまったらどうでしょうか。そうすると、門と桜と天守閣で、もっと桜が目立ってくるのではないでしょうか。
 もう一つは、もうチョイ太陽が高ければ良かったのではないでしょうか。
 去年の桜、見事に撮れています。また今年もそろそろ咲きます、チャレンジしてみたら如何でしょうか。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)
【今年の桜である、夕方の遅い時刻しか時間を取れなかった】


110328-6.jpg
『夕暮れの天守閣』選外
110407-11.jpg
 矢張り夕暮れなんですが、撮った時刻が遅くなってしまったのか、天守閣に光が回ってない状態ですね。
 全体がシルエットになってますが、もう一寸、何処かに光がある状態、そんな僅かな光の変化を拾えたら良いと思います。
 此れは、単純に時刻だけでなく季節によっても違いますから、ウォッチングされたら、同じ場所でも違う作品になるのではないかと思います。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)


110328-3.jpg
『しだれ桜』選外
110407-12.jpg
 「しだれ桜と天守閣2」のしだれ桜を反対側から撮ってるんですが、時間的にはこちらの方がちょっと早いのかという気はしますね。
 これも門のところに光が当たってるんですが、桜に斜めにスポットライトの様な光が当たる時間帯があれば、もっと効果的だと思います。
 こちら側からだと空の白みが出過ぎてしまうのでもうちょっと空の部分を隠せるようなアングルが良いと思います。
(Copyright 2011 小野崎徹)
(録音テープによる講評を私が要約)
【徒歩移動に要した数分間だけ、撮影時刻が早い】




 事務局が、長年担当して呉れたMI氏から、YA氏に代わることになった。但し、YA氏は住まいが少々遠いので、毎月26日の朝に福田カメラから作品を回収して講評の先生に送る役目はOD氏が引き受けることになった。


 5月31日〜6月5日の前期写真展の大看板(墨書)を依頼された。私は金釘流で、書くのは、母である。(因みに、母は、80歳定年で、長年を務めた掛川市文化協会の掛川支部長(旧掛川市を担当)を退任した)
 ところで、困った。出品する作品のあてがない。


 5月23日(月)に、クラブたまりーなと合同で日帰り撮影会に行くという。5時〜19時ごろ、費用六千円程度。参加希望者は4月11日ごろまでに支部長に連絡。


 東日本大震災の義捐金を1名千円、出すことになった。取り敢えずプールしてある支部会費から出しておき、次回に徴収することになった。
 色々な参加団体で義捐金を払っているが、もう5件目ぐらいになる。


 来月の例会は、定例の第2木曜日に戻って、5月12日(木)19時。


 2151終了。
 ランカスター6の発動機を温めていたら、職員に駐車場出入り口を閉めるからと追い出され、2201発車。
 2209帰宅。


※ 7月11日に更新(自作品講評掲載)
posted by 寫眞機廢人 at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月07日

常時携帯高倍率ズームコンパクトカメラをDMC-TZ10/FinePix F300EXRからCOOLPIX S9100に切り換えか(?)

 常時携帯デジタルカメラ2台のうち、高倍率ズームコンパクトカメラを、パナソニックDMC-TZ10またはFinePix F300EXRから、より、明るくない場所に強いものに、切り替え予定である。


 尚、常時携帯デジタルカメラ2台のうち、高画質機は、ニコンCOOLPIX P6000から、オリンパスXZ-1に切り替えた。
http://shasin.sblo.jp/article/44235921.html


 第一候補はソニーDSC-HX9Vなのだが、東日本大震災の影響で黒の入手は困難なため、ニコンCOOLPIX S9100と富士フイルムFinePix F550EXRのどちらかにする予定であり、現在はCOOLPIX S9100を評価中である。


110507TZ10&F300&S9100.jpg
左後がDMC-TZ10、右後がFinePix F300EXR、手前がCOOLPIX S9100

機種       発売日 焦点距離 画素数 撮像素子
DMC-TZ10 2010.3.5  25-300 1200万 CCD
FinePix F300EXR 2010.9.4  24-360 1200万 CCDハニカム
FinePix F550EXR 2011.3.5  24-360 1593万 EXR-CMOS
COOLPIX S9100 2011.3.18 25-450 1200万 BSI-CMOS
DSC-HX9V 2011.3.11 24-384 1593万 BSI-CMOS
SZ-30MR 2011.4.22 25-600 1593万 BSI-CMOS

機種       W×H×D 本体重量/全装備重量 その他
DMC-TZ10 103.3×59.6×32.6 196/218 GPS
FinePix F300EXR 103.5×59.2×32.6 195/215 位相差AF
FinePix F550EXR 103.5×62.5×32.6 195/215 GPS
COOLPIX S9100 104.8×62.0×34.6  ?/214 S8100上位
DSC-HX9V 104.8×59.0×33.9 215/245 黒入手難
SZ-30MR 106.3×68.7×39.5 ?/226 動画中にスチル可

    焦点距離はライカ判換算(mm)。
    画素数は、最大記録画素数。
    DMC-TZ10は、超解像技術によるiAズー
    ムにより、25〜400mmとして使える。
    寸法はmm、重量はグラム。


 COOLPIX S9100の試し撮りを示す。シャッタ速度は3分の1秒である。
110507S9100.jpg


※2011.5.10:一覧表にSZ-30MRを追加
posted by 寫眞機廢人 at 04:24| Comment(4) | TrackBack(4) | 日記
新着記事
(05/26)防水防塵耐衝撃デジタルカメラのカシオ計算機EX-G1をcafePITに贈
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(2)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2011年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
Powered by さくらのブログ