『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2011年03月04日

2月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会

**** ボヤで講評録音テープが焼失か行方不明 ****


 今回は部屋に細工をするので、早く行くことにした。
 1817ランカスター6発車。
 1827生涯学習センター着。
 鍵を借りる。いつもの「生活文化の部屋」に加えて「青年女性の部屋2」も。青年女性の部屋2は、思い立って急遽2月8日にK氏にリザーブして貰ったものである。


 1834“隣り合った2部屋”に着。
 2部屋を繋いで1部屋にする。予想通り、最初は部屋の仕切りの外し方の勝手が分からず、手間取った。早く行って正解だった。
 人数が増えて生活文化の部屋が手狭になったので、試験的に2部屋を使ってみようと思い立ったのである。


 作業を終えて一服に行く途上、先月に第一席を撮った中田氏に合い、画像データが入ったCD-Rを受け取った。


 支部長並びに会員の意見を総合し、次回以降も2部屋を使うことに決定した。
 それを受けて、3月と4月の青年女性の部屋と、5月の両部屋を、リザーブした。


110210-01.jpg
 1901例会開始。
 出席者13名(うち新人2名)と、折角2部屋を繋いだ日に限って、欠席者が多かった。因みに1月は16名だった。


110210-02.jpg
第一席(右端)〜第五席(左端)


110210-03.jpg
佳作


110210-04.jpg
選外


110210-05.jpg
選外


110210-06.jpg
選外


110210-07.jpg
支部長の作品




 今回の第一席は加藤氏。
110210-08.jpg


110210katoyoichiM.jpg
『お願い、こっちー!』Copyright加藤洋一
110210-10.jpg




 私は、佳作にも入らなかった。


110120FSoft1M.jpg
『ロウバイ』選外
110210-11.jpg


110120FSoft2M.jpg
『マンリョウ』選外
110210-12.jpg


110101-4M.jpg
『初日の出』選外
110210-13.jpg




 2037終了。
 2部屋の間の仕切りの仕組み(「竹の丸」方式)を、皆に実演。


 2048発車。
 2057帰宅。
posted by 寫眞機廢人 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月01日

パナソニックのDMC-FX66とDMC-ZX3の比較

 去年に「松下電器産業/パナソニックのDMC-TZシリーズ,DMC-ZXシリーズ」という記事を書いた。
 高倍率ズームコンパクトデジタルカメラDMC-TZシリーズと、多分DMC-TZシリーズは重すぎるという声に応えてズーム倍率を程々に抑えることで軽量化したであろうDMC-ZXシリーズである。


 しかし世間では、高倍率ズームで無いスタイリッシュコンパクトデジタルカメラのユーザの方が多い。
 そこで今回は、DMC-ZX3と、DMC-ZX3と同時に発売されたスタイリッシュコンパクトデジタルカメラDMC-FX66を比較してみた。
 尚、1月25日にパナソニックのコンパクトデジタルカメラ新機種が幾つか発表されたが、この2機種の後継機は出ず、2月25日の新機種発売以降(だと思う)、この2機種はパナソニックのWebサイトの現行機種一覧から消えている。いずれも売れ行きは悪くないと聞いていたので、解せない。



機種 発売 焦点距離 画素数 動画
DMC-FX66 2010.2.19 25-125 1400万 Motion JPEG
DMC-ZX3 2010.2.19 25-200 1400万 AVCHD Lite

機種 本体重量 全装備重量 寸法
DMC-FX66 127グラム 145グラム 97.0×54.1×21.8mm
DMC-ZX3 137グラム 159グラム 97.8×54.8×26.0mm

    焦点距離は、ライカ判換算。
    「画素数」は、記録画素数。
    DMC-FX66は、超解像技術によるiAズームに
    より、25〜162.5mmとして使える。
    DMC-ZX3は、iAズームにより、25〜250mmと
    して使える。


110301FX66-1.jpg
110301FX66-2.jpg
DMC-FX66


101010ZX3-1.jpg
101010ZX3-2.jpg
DMC-ZX3


110301FX66&ZX3-1.jpg
前面投影面積はほぼ同じ


110301FX66&ZX3-3.jpg
DMC-FX66よりもDMC-ZX3は分厚い


 iAズームを使うとして、10倍ズーム対6.5倍ズームであり、厚みに4mmほどの差が有るものの、重量は20グラムも違わないので、イザというときに潰しが効くDMC-ZX3のほうを、個人的にはお勧めする。


 しかし、六つ切りぐらいに延ばすなら充分な492万(2560×1920)画素で使えば、DMC-FX66も11倍ズームとなるので、大延ばししない方には充分かもしれない。(因みに、フラッシュの発光禁止と自動発光の切り替えを除いて全てカメラにお任せの「iAモード」では1400万(4320×3240)画素と492万画素の中間の例えば629万(3072×2048)画素などに設定できない)
 尤も、DMC-ZX3を矢張り492万画素で使うと、16.9倍ズームとなり、更に潰しが効くが。
posted by 寫眞機廢人 at 17:53| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記
新着記事
(05/19)今日から5月21日まで3日間、全日本写真連盟掛川支部の写真展
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
(04/13)喫茶店cafePITに故障μTOUGH-6020の代替にCOOLPIX S640黒が嫁入り
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年05月(1)
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
<< 2011年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Powered by さくらのブログ