『「写真好き」の戯言』改め『寫眞機廢人の戯言』

Webサイト:http://shasin.ivory.ne.jp/
Blog目次:http://shasin.ivory.ne.jp/blog.html

バージョン8までのインターネットエクスプローラでは、1行の空白は詰められてしまい、2行以上の空白は1行の空白として表示されるため、基本的に空白行は2行にしています。他のブラウザで御覧になると空白行が2行もあって変な感じですが、お許しください。また、コメントにも、空白行を入れるときは、2行にしてください。
記事検索
 

2008年04月13日

今年も御衣黄桜

 今年も、静岡県掛川市の南西部の大須賀地区の大渕の御衣黄桜(ぎょいこうざくら、花が緑色の桜)を撮りに行ってきました。(デジタルカメラで撮った写真のみを掲載します。手持ちなので大半の写真のピンが甘いですが、メモ写真なのでお許し願います。)
 まだ早いかなと思ったのですが、案の定、七分咲きでした(満開になると花の中心部から出ている赤い筋が濃くなります)。
 掛川市役所大須賀支所の南で、撮りました。道沿いの樹が七分咲き(余談ですが、地元住民のご好意で桜湯を頂きました)で、天王森の樹はまだ蕾でした。
080413御衣黄.jpg
リコーGR DIGITAL,ISOオート,WB曇天,F2.4,AE,+1.0EV,手持ち


 近くでは、躑躅も、もう咲いていました。(ピントが甘いといっても、程度問題で、これは酷すぎますが、躑躅が咲いてたという「証拠写真」なので、お許しを)
080413躑躅.jpg
リコーGR DIGITAL,ISOオート,WB曇天,F2.4,AE,±0EV,手持ち


 御衣黄桜のそばに路上駐車してる車が多かったです。無料駐車場から歩いて5分ぐらいなのに。
 交通量は少ないので他の自動車の邪魔にはなりませんが、御衣黄桜や躑躅などの全景を撮るには非常に邪魔でした。仕方がないのでクローズアップのみを撮りましたが、御衣黄桜は手が届く低い場所には綺麗な花が無く、最初の写真のような花しか撮れませんでした。


 大須賀を後にして掛川市の南東部の大東地区の川久保の掛川市文化会館シオーネに回ってみたら、3月19日にはごく僅かが早咲きだった菜の花が、満開でした。
080413菜の花.jpg
リコーGR DIGITAL,ISOオート,WB曇天,F9.0,AE,±0EV,手持ち


080413桜と菜の花.jpg
リコーGR DIGITAL,ISOオート,WB曇天,F2.4,AE,±0EV,手持ち


 帰り道の、大東地区の土方の北運動場の脇で、アカメガシが紅い葉を見せていました。(植物音痴の私には、アカメガシとアカメグワの区別が付かなかったりします)
080413アカメガシ.jpg
リコーGR DIGITAL,ISOオート,WB曇天,F2.4,AE,±0EV,手持ち


 今日は掛川市北部の「ならここの里」の桜祭りだったことを、帰宅後に思い出しましたが、後の祭り。
 当地では、染井吉野は終わりかけていますが、そろそろ、八重桜が満開です。


 尚、掛川市南西部は以前は「大須賀町」で、大須賀町とは「横須賀町」と「大渕村」が合併して出来たところです。掛川市南東部は以前は「大東町」で、大東町は「大浜町」と「城東村」が合併して出来たところです。掛川市の中部と北部が、旧掛川市です。
posted by 寫眞機廢人 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2008年04月08日

APS-Cサイズのイメージャ用の手ブレ補正付きの18〜200mmレンズ

080408手ブレ補正18-200.jpg
 左は、ニコンD100(MB-D100付き、現行機は次モデルのD200)に付けたニコンAF-S DX VR ズームニッコール ED 18〜200mm F3.5〜5.6G[IF]です。
 右は、キヤノンEOS Kiss デジタル(8代目のEOS Kiss、現行機は11代目のEOS Kiss X2)に付けたシグマ18〜200mm F3.5〜6.3 DC OS /HSMです。


 これらは、ライカ判イメージャ用のタムロンAF28〜300mmF3.5〜6.3XR Di VC同様、新世代の手ブレ補正レンズで、キヤノンの初期のISレンズのような像揺れも殆ど無く、手ブレ補正効果も高いです。
 望遠端で、ニコンは8分の1秒ぐらいまで、シグマは15分の1秒ぐらいまで、手持ちで撮れる感じです(但し、カメラボディが、ニコンのほうがホールドし易いので、厳密な比較にはなりません)。手ブレ補正を作動させたままで長時間ファインダを覗いていると、ニコンのほうが僅かに像飛びが少ないようですが、実用的にはどちらも問題ないです。
 因みに、この2本は、ピントリング回転方向もズームリング回転方向も逆です。シグマが、ニコン用よりもキヤノン用に力を入れているのでしょう。
 実売価格の差を考えれば、シグマは健闘しています。


 いずれも高倍率ズームレンズなので画質に過度の期待は出来ませんが、大延ばししないなら充分に許容できる画質です。
 歪曲は多めです(ニコンは望遠端で糸巻き形、シグマは広角端でも望遠端でも糸巻き形)が、オリンパス光学工業のセンチュリオンに比べれば無いに等しい(比べる相手が酷すぎるか)ですし、手ブレ補正なしの初期の18〜200mmよりも少なく、小型軽量に免じて許しましょう。
 画質に関して細かいことを言えば、シグマはニコンに少々劣る気がするのですが、五十歩百歩です。矢張り、実売価格を考えれば、シグマは健闘しています。
 この2本はマウントが違うので、同じカメラボディで撮ることが出来ず、カメラ内の撮像素子や画像処理エンジンの違いが画質に現れてしまうので、下手に実写例を出すと誤った印象を与えてしまいますから、敢えて実写例は示しません。シグマはニコンに劣る気がするという印象は、異なるマウントの同じメーカの同じスペックのレンズを両カメラボディに付けた経験があるから言えることなのです(D100よりもEOS Kissデジタルのほうが写りが派手です)。


 大きさは殆ど同じで、シグマのほうが少し重いです。


 小型軽量高倍率ズームレンズは、荷物を減らしたいときには、非常に便利です。私は、撮影が主目的ではなく荷物を減らしたいときには、一眼レフ用レンズは高倍率ズームと90mmマクロの2本だけで出掛けます(ま、デジタルカメラでなく銀塩カメラを持って出掛けるほうが多いのですが)。


 余談ですが、カメラボディ、ニコンの現行機はD300だろうと思われる向きもありましょうが、ニコン曰く「D3もD300もフラッグシップ」であり「D300はD200の後継ではない」ので「D300発売後もD200は併売される」ということですので、D200であると判断しました。
posted by 寫眞機廢人 at 00:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月01日

ソニーの新製品β-9Digital(速報)

 コニカミノルタからカメラ事業を引き継いだソニーが、突如、2008年度の初日である今日、β-9Digitalというデジタル一眼レフの記念モデルを発表しました。


SAKURAβ-9Digital.jpg


http://www.sony.co.jp/rerease/2008/0401c.html


 現行αの後継という意味と、一世を風靡したベータマックスから、命名した由。
 Konica1発売60周年を記念したモデルで、旧コニカのブランド「さくら」を前面に表示してあります。
posted by 寫眞機廢人 at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
新着記事
(03/11)キヤノン用シグマ80-400mmOSと2倍テレコンとDSC-HX300を貸出
(01/24)2017年1月13日(金)の全日本写真連盟掛川支部の1月例会と新年会
(08/10)超広角レンズ(タムロン10〜24mmDi2)が折れた
(05/25)全日本写真連盟掛川支部第46回写真展(2016.5.24-5.29)案内(5.26追記)(5.27追記)
(02/25)ペンタックスがライカ判のデジタル一眼レフK-1を発表
(01/19)パナソニック、1.0型撮像素子10倍ズームのコンデジDMC-TX1を発表
(01/09)シグマ50-500mmOSと2倍テレコン、ケンコー800mmミラー
(08/14)2015年7月10日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(08/13)2015年6月12日の全日本写真連盟掛川支部の例会
(07/01)ソニーが毎秒960コマのコンパクトデジタルカメラを発表
(06/28)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展のご報告
(06/15)篠山紀信展 写真力
(06/12)2015年5月8日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/08)ソニー口述録音機/再生書き取り機BI-85五号機が故障
(05/07)2015年4月10日(金)の全日本写真連盟掛川支部の例会
(05/04)5月19日(火)〜5月24日(日)全日本写真連盟掛川支部写真展
(04/20)2012年6月1日〜30日のミニ個人写真展
(04/18)ソニーNEX-3のローパスフィルタの清掃を依頼
(04/13)喫茶店cafePITに故障μTOUGH-6020の代替にCOOLPIX S640黒が嫁入り
(03/25)KOWA(興和光学)がカメラ業界に復帰(レンズだけだけど)
最近のコメント
最近のトラックバック
過去ログ
2017年03月(1)
2017年01月(1)
2016年08月(1)
2016年05月(1)
2016年02月(1)
2016年01月(2)
2015年08月(2)
2015年07月(1)
2015年06月(3)
2015年05月(3)
2015年04月(3)
2015年03月(4)
2014年12月(2)
2014年11月(3)
2014年10月(2)
2014年09月(7)
2014年08月(2)
2014年07月(5)
2014年06月(2)
2014年05月(4)
2014年04月(5)
2014年03月(4)
2014年02月(6)
2014年01月(4)
2013年12月(5)
2013年11月(3)
2013年10月(8)
2013年09月(7)
2013年08月(4)
2013年07月(12)
2013年06月(10)
2013年05月(11)
2013年04月(5)
2013年03月(6)
2013年02月(1)
2013年01月(2)
2012年12月(1)
2012年11月(6)
2012年10月(2)
2012年09月(8)
2012年08月(6)
2012年07月(7)
2012年06月(9)
2012年05月(14)
2012年04月(6)
2012年03月(2)
2012年02月(9)
2012年01月(5)
2011年12月(2)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(7)
2011年08月(11)
2011年07月(7)
2011年06月(8)
2011年05月(5)
2011年04月(4)
2011年03月(2)
2011年02月(4)
2011年01月(10)
2010年12月(11)
2010年11月(4)
2010年10月(11)
2010年09月(3)
2010年08月(6)
2010年07月(8)
2010年06月(15)
2010年05月(5)
2010年04月(3)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(1)
2009年12月(2)
2009年11月(4)
2009年10月(3)
2009年09月(3)
2009年08月(4)
2009年07月(4)
2009年06月(5)
2009年05月(4)
2009年04月(7)
2009年03月(3)
2009年02月(2)
2009年01月(6)
2008年12月(16)
2008年10月(9)
2008年09月(9)
2008年08月(1)
2008年07月(3)
2008年06月(3)
2008年05月(4)
2008年04月(3)
2008年03月(3)
2008年02月(2)
2008年01月(9)
2007年12月(3)
2007年11月(7)
2007年10月(12)
2007年09月(5)
2007年08月(5)
<< 2008年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
Powered by さくらのブログ